スポンサードリンク

【龍が如く6】ネタバレ情報!遥、ハルトの父親、桐生の最後、ラスボス等

今回の記事では龍が如く6 命の詩。のネタバレをバシバシ書いていこうと思います。

なので、内容を知りたくないよーって方は読まないほうがいいです!

記事タイトルにネタバレって書いてるのに読んでしまって後悔してしまった方。

「運が悪かったんだよ…… お前等は」

「運が悪かったんだよ…… お前等は」

スポンサードリンク

龍が如く6のネタバレ情報

まず一番の驚きは、あの遥に子供が?!という話。

遥の子供(ハルト)って、マジで遥の子?

マジで遥がお腹を痛めて産んだ子供です。

名は、澤村遥勇(さわむら はると)

桐生一馬と澤村遥勇。尾道仁涯町にて

遥の子(ハルト)の父親って誰なん?

宇佐美勇太。

ハルトの父親

尾道で初登場する広瀬組若衆の一人。藤原竜也さんがモデルです。

馴れ初めは?

遥が芸能界にいたことを尾道の人たちは気がつかないフリをしていました。
もちろん遥を気遣ってのこと。

ある日、尾道に潜入し遥の情報を探っていたルポライターに気づいた勇太は
そのルポライターを懲らしめます。(やり過ぎくらい殴ったあとカメラを壊す)

その場に遥が居合わせ、勇太が見守ってくれてることを知る。

その後は、若い男女は恋愛に発展し、自然な流れで行為に。
※ちなみに勇太いわく、1回だけとのこと。

この事実を知った桐生さんは別の理由を上手いこと使って、広瀬一家の事務所の戸がぶっ壊れるくらい思いっきり勇太をぶん殴っています。笑

広瀬一家ってどうなるの?

尾道で桐生と共にさまざまな出来事に巻き込まれていく広瀬一家。

キャラが濃くて魅力的です。

広瀬徹(ビートたけし)

親分の広瀬徹は、実は凄腕のヒットマン。

陽銘連合会の頭・来栖猛(巌見平三)の右腕的存在。

尾道の秘密を守るために多くの人間をその手にかけてきた男。

桐生や広瀬一家の南雲たちが尾道の秘密を暴きに来たところに立ちふさがるが、桐生に倒される。その後、来栖に促され桐生を消そうとするが南雲が身を挺して守ろうとする。

広瀬「おい南雲、お前頭悪いから尾道の秘密が何か分かってないよな?」
と、何とか助けようとする場面は名シーンで個人的に一番好きなところ。

南雲たちに情が移ってしまっているため、最後の最後で親心が出てしまう。

広瀬「親父(来栖猛)!こいつだけは勘弁…」パァン!
来栖に「いまさら日和りおって」と、撃たれる。

南雲、松永、田頭

桐生を信頼し、最後まで行動を共にする。皆最後まで生き残る。

南雲と松永の父親は広瀬の手にかかって命を落としている。

※田頭はあんまり存在感ないけど優秀。

宇佐美勇太

遥の子供(ハルト)の父親。

宇佐美勇太

実は、祭旺会(中国マフィア)のボス、ビッグ・ロウの2番めの息子。

ハルトの命を狙ったビッグ・ロウを許せず心中しようとするが桐生に助けられる。

エンディングでは遥、ハルトとともに沖縄の施設「アサガオ」に移り住む。

染谷巧(東城会)

小栗旬さんがモデルのギラギラ感が溢れんばかりのキャラ。

尾道のスナック清美のママの元旦那。子供もいる。

染谷は被写体として優秀な件w

ラスボスの汚いやり方で清美を人質に取られ、桐生を始末するようけしかけられるが
敗北してしまい清美を助けるために自らを犠牲に。

ラスボスって誰なん?

  • 小清水寛治(陽銘連合会・若頭)
  • 菅井克己(東城会・会長代行)
  • 巌見恒雄(来栖猛の息子)

この3人です。

小清水寛治も菅井克己も巌見恒雄の手足のような存在なので、ラスボスは巌見恒雄。

桐生さんいわく「巌美恒雄、お前は極道の問題にカタギを巻き込む外道だ。」

最終的に、

小清水:桐生さんにフルボッコにされた。後に陽銘連合会を継ぐ。

菅井:南雲にフルボッコにされた後、桐生さんを撃つ。その直後、追い詰められ自決。

恒雄:桐生さんにフルボッコにされた。後に逮捕。

ラスト、桐生一馬はどうなる?

巌見恒雄を倒した後、追い詰められた菅井が遥に拳銃を向け発砲。

それをかばうように立ちふさがる勇太。

しかし弾丸を浴びたのは桐生。

大事な遥の旦那、ハルトの父親を守るために自らが3人の盾となり力尽きる。

桐生一馬の最期。

と、思いきや、とある病院で目を覚まします。

ただ、尾道の秘密を暴いてしまった代償は大きく、政治的な裏事情で命を狙われます。

  • 陽銘連合会と東城会の争いを避けるため
  • 遥たち「アサガオ」に資金を支援するため

死亡届を作ってもらい、存在しない人間に。

実際は生きているけど、それを知るのは伊達さんのみ。

桐生一馬伝説、最終章。

完。

あわせてコチラもどうぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする