スポンサードリンク

【龍が如く6】クランクリエイター攻略中 使えるキャラ

クランクリエイター面白い!

ネットワーク対戦も盛り上がってるみたいだからチャレンジしてみたい!

スポンサードリンク

クランクリエイター攻略

攻略って言っても、メインミッションは難しくないのでゴリ押しで行けます。

序盤は耐久力のある組長クラスのキャラを出していき、その後ろから爆弾と拳銃で援護。

マメにボスにスキルぶつけて回復もちゃんとやってれば、まず勝てます。

戦力差あって負ける場合は一個手前のミッションを何度か周回すればOK!

クランクリエイターは、オカダを仲間にしてからが本番です。

使えるキャラ

個人的に使えると思っていて愛用しているキャラは、

  • オカダ・カズチカ
  • 棚橋弘至
  • 橋元

このあたりは外せないメンツです。

侍のスキルはメチャ便利

侍は尾道の右下のタクシー付近にいます。

内藤哲也(トランキーロ)戦終わったくらいに出現。

この侍のスキルが便利なんですよ。コスト半減。

まず開幕侍出してスキル使用でアタッカーから出していくと良い感じ。

橋元の回復力が頼もしい

橋元の回復力は相当高いので無くてはならない存在。

橋元を入手したらマサオの出番は無くなります。

棚橋のスキルは特殊

棚橋は愛の戦士というスキル持ち。

これ普通に使うとほんのチョットだけ回復するので、パット見ショボいです。

でも本来の使い方は、やられて撤退してる時の「治療中状態の回復」なんですよね。

撤退状態が一瞬で回復して、再出撃可能になる。(コストはかかる)

侍のスキルと合わせれば崩れた戦局も一気に立て直せそう。

オカダは強い

オカダはマジで火力あるので欠かせない!

スキル・レインメーカーの破壊力は頼もしいので外さないように向きに気をつけたいところ!

亜門が仲間になる

サブストーリーの亜門丈を倒すと、クランクリエイターで亜門が使える。

亜門丈の出現方法と倒し方

亜門は攻撃力が強いけど、HPが低めなので低レベルの内は倒されやすい。

しかも、スキルが使いづらい件。笑

ロケットランチャーが味方に当たると大ダメージだから、使い所がムズい。

経験値稼ぎ向けミッション

クランクリエイターのキャラ育成のための周回ミッションは、

個人的に、尾道の内藤哲也の残党ミッション周回が良い!

ここは1分半くらいでクリア出来るし、ある程度まで戦力が整えば放置も出来る。

何より、1回クリアで11万もらえるので金策としてもかなり優秀。

効率のいいお金稼ぎと経験値稼ぎ

神室町の棚橋弘至ミッションも同じ金額だけど、

クリア難易度がやや高めで時間ももうちょいかかるので尾道がオススメ。

さらには尾道のアジトのレストラン(La Pente)は、

技巧と魅力の経験値がもらえるメニューが多いのも良い!

お地蔵さんにお参りしつつ、重り(リストギプス、アンクルギプス)も付けとけば効率いい。

何戦か周回して食事。を繰り返してれば、

  • 桐生会が強くなる
  • 桐生も経験値が溜まり、より強くなる
  • お金も溜まる

という一石三鳥!

ある程度、お金が貯まっているなら能力強化を使ったほうが早い。

桐生の経験値を使って各組長を強化するという方法。

筋肉と俊敏、そして技巧を消耗するので中々大変に思えるけど、

ライザップで買えるプロテイン(BURN+、QUICK BURNER)と食事を組み合わせるとスグに溜まる。

筋肉:いきなりステーキ

俊敏:寿司吟

技巧:すしざんまい、寿司吟

筋肉と俊敏に関しては、食事よりもプロテイン(MUSCLE)をがぶ飲みした方が早いね。

有料DLCキャラ

ネットワーク戦ではDLCキャラが活躍しているそうだ。

  • 桐生一馬
  • 堂島大吾
  • 真島吾朗
  • 冴島大河
  • 秋山駿
  • 伊達真

という超魅力的なキャラ!

この中から一人って言われたらそりゃあ真島吾朗さんでしょ!

でも桐生さんの強さは異常。

クランクリエイターDLC組長ってどうなの?

クランクリエイターの組織図の握手マークって何?

組織図にキャラを当てはめていくと、たまに握手マークが出ます。

あれ何だろう?って疑問だったんですが、どうやら友情補正がかかるよってことみたいです。

例えば、ジョーとオカダカズチカ。天山と小島。ってな感じで、
つながりがあるキャラ同士なら補正がかかって上のキャラのステータスが多めにアップします。

ちょっとくらいレベルが低くても補正のほうが大きい印象なので
組み合わせは気にしたほうが全体の底上げにつながります。

ネット上で見つけられるパスコード使えば握手マークだらけにすることも可能ですねw

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする