スポンサードリンク

【龍が如く6】クリアした!プレイした感想※ネタバレ無

FF15アプリ
大人気のスマホゲームアプリ!

※基本プレイ無料!
iOS、Androidどちらもバシッと対応してます!!
 

【オススメ記事】Final Fantasy 15:新たなる王国のレビューと序盤の攻略法

龍が如く6本編クリアしました!

いやー相変わらず追いごたえのあるストーリーですねー。

スポンサードリンク

ストーリーの評価

ストーリー自体の評価に関しては過去作の方が上という意見も見かけますし

個人的にも「龍が如く0」のストーリーの方が良く出来てる感は強いです。

※私は初代と0のみ。他はスピンオフ(見参と維新)。

ただ、6も流石。

先の展開は読めないですね~、相変わらず。

まあ、そういう風に作っていると思うんですがね。笑

それでも、「おぉ、そうなのか。。。」ってのが多いので

続きが気になってしまってしょうがなかったです!睡眠不足上等ですよ!笑

命の詩。ってだけあって、親子の関係がテーマ。

いろいろな形の親子関係が登場し、さまざまな人間模様が見れます。

テーマソングは山下達郎さん。

これまではイケイケな曲が多かったですが、今回はミディアムなバラード。

しかしこれがスゴくハマってて良い!

桐生一馬最終章にふさわしい名曲って感じ。

過去作の登場人物が少ない

これまでの龍が如くシリーズでおなじみの登場人物は出るには出ますが、

新しい人達がメインのストーリーです。

個人的には「過去作をプレイしてなくても楽しめる」と感じました。

シリーズものなので、過去作プレイしてた方がより楽しめるのは間違い無しですが、未プレイでも問題なく行けます。

過去作のあらすじも用意されてます。

魅力的な新キャラ

新キャラいいですね~、特に宮迫さんマジ上手い!キャラもいいし最高!

ビートたけしさんは、いい味出さないはずがありません。最高!

個人的には小栗旬さんの染谷巧も好きなキャラです。

過去作に出てきた峯義孝とかぶるって意見が多いみたいですが、

峯が出てる作品やってないのでわからないし、何だったらメッチャ気になりますね。

そのくらいカッコいい。

実はさり気なく出演していた峯

クランクリエイターが楽しくてやりがい満点

0で言うところの「キャバクラ」

維新で言うところの「バトルダンジョン」

みたいな感じで、ストーリー上強制的に発生するミニゲームは力入ってます。

今回はクランクリエイター。

クランって組って意味だそう。

タワーディフェンスゲームっぽいんですが、やることは逆です。攻める。

クランクリエイター攻略法

豪腕(力こぶマーク)の耐久力の強い奴を出して、後から拳銃要員を山ほどだすと楽でした。

ある程度進めると、強いキャラが仲間になるので豪腕を強い豪腕(棚橋とか)に入れ変える。

あと、マサオは必須ですね!回復は大事。

ジョー、マサオ、曽田地、棚橋、回復、拳銃

棚橋は豪腕で回復スキル持ちなので便利。

拳銃持ちの組長がいないと兵隊出せないので必須。

メインシナリオくらいだったらこんな感じで全然楽でした。

まだまだ先もあるのでタップリ楽しめそう!

あわせてコチラもどうぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする