スポンサードリンク

【ニーアオートマタ】前作、過去作からのつながりが気になった※ネタバレ含む

世界観が独特で多くのファンを魅了してやまないニーアシリーズ。

ニーアオートマタもそうだし、前作のニーアレプリカントも、

ゲームクリエイターの横尾太郎さんの手がける作品。

横尾太郎さん、制作スタッフの方々、素晴らしい作品をありがとうございます!

ニーアオートマタはニーアレプリカントのEエンドの世界

ニーアレプリカントというゲームには、A~Dまでのエンディングしかありません。

じゃあ、Eエンドって何なんだ?知らないぞ?

ってなったので調べてみると、

ニーアレプリカントの設定資料集の中にEエンドの物語があるとのこと。

どうやら、Dエンドの3年後が舞台のお話で、その先にニーアオートマタの世界がある。

らしいです。

なので、ニーアオートマタの世界はニーアレプリカントのDエンドとEエンドの後のお話。

ということです。

ニーアレプリカントは、ドラッグ・オン・ドラグーンのEエンドの世界

ニーアレプリカントの世界は、どこから来ているのか?

これは、ドラッグ・オン・ドラグーン(DOD)のEエンドだそう。

未プレイなので、ストーリー内容は知らないんですが、高評価なので気になってます。

ゲームアーカイブスを調べてもラインナップされてないので、

プレイするためにはPS2が必要っぽいです。持ってないや。笑

それはさておき、マルチエンディングなのは、

初代であるドラッグ・オン・ドラグーンから受け継がれているシステムなんですね。

A~Eまでのエンディングがあって、

どのエンディングでも救われないってことで鬱ゲーなんて呼ばれているようです。笑

それでも評価が高いのは、世界観がしっかりしていて入り込めるからなんだろうな。

以下、ネタバレ満載!

DODからニーアレプリカント、ニーアオートマタまでの時系列

考察系のブログとか動画とか参考にさせてもらってざっくりとまとめてみた!

DODのEエンド(2004年らしい)

白塩化症候群とかいうのが蔓延して、人類滅びるヤベェ!

→色々と手を打つ

→とりあえず肉体と魂を分離しといて、肉体を作ってからまた入れようぜ!

(ゲシュタルト計画)

分離した魂(ゲシュタルト体)が暴走→崩壊体(マモノ)になっちまう!

→魔素ってのが安定供給されれば崩壊体にならなくて済むぞ!

→魔素持ってるヤツ(オリジナルゲシュタルト)を探せ!

2053年

ニーアレプリカント

Dエンド(人類の全滅が確定)

Eエンド(3年後)※これはこれでハッピーエンドだと思う。

(レプリカント管理者のデボルポポルがいないので、レプリカント全滅)

宇宙人襲来

西暦11,245年

ニーアオートマタ(人類は既に全滅している)

冒頭の「全ての存在は、滅びるようにデザインされている。」

が、メチャメチャしっくりくる流れです。

Eエンド ニーアオートマタ Eエンド見た!

???(次回作?ダウンロードコンテンツ?)

Eエンドから次回作につながっている流れなので、

Eエンドの後の話か世界が今後展開される可能性は高いかも?!