スポンサードリンク

【龍が如く極】小牧の修行はどう進めるのがいいか?

龍が如く極みでは、堂島の龍スタイルが使い物になりません(初期)

使い物になるためには、

  • 真島の兄さんと戦って取り戻していく
  • 賽の河原にいる古牧宗太郎に修行をしてもらう

この2つしか無い!(手間ひまかかる)

古牧の修行は、どこでも真島に比べ進めやすいのが救いです。笑

それでいて、強力で有用な技が覚えられる!

小牧の修行に必要なアイテム

小牧の修行に必要なものは、アイテムだけです!

  • 木刀(2回目の修行)
  • 絵図(後半の修行)

これだけ。

木刀は、「えびすや」で買える。闘技場で500ポイント交換もあり。

絵図は、闘技場でポイント交換の景品。

【関連記事】闘技場で金策&小牧の修行アイテムをゲット

小牧の修行に必要な絵図とポイント

  • 阿修羅之図 200
  • 猫之図 400
  • 蛇之図 600
  • 鎌鼬之図 800
  • 達磨之図 1,000
  • 四神之図 2,000
  • 象之図 4,000
  • 虎之図 8,000
  • 龍之図 10,000

合計で、27,000ポイントが必要です。

虎落としまで頑張る

小牧の修行の醍醐味は、やはり虎落とし!

タイミングさえ掴めば、強敵に大ダメージを与えられるのでマジ便利。

これを習得するまではやった方がいいですね!

闘技場がやや面倒だけど、さほど難しくもないので割とサクサク行けました!

最終奥義は、古牧流・受け流し

最後に覚えられるのは、「受け流し」。

虎落としが使えれば十分だけど、小牧の修行を完了させることで、古牧宗太郎が闘技場に出るようになります。

この記事を読んだ人は、コチラもチェックしています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

FF15アプリ
大人気のスマホゲームアプリ!

※基本プレイ無料!
iOS、Androidどちらもバシッと対応してます!!
 

【オススメ記事】Final Fantasy 15:新たなる王国のレビューと序盤の攻略法