スポンサードリンク

龍が如く極のバトルが難しいんだがw

龍が如く極、無事に届きましてプレイしています。

極2で使えるコードも封入していて、マジでナイスタイミングだったと思います(∩´∀`)∩

バトルがいらつくんだけどw

龍が如く6と比べて色々劣っているとかは当たり前なので気にならないんですが、バトルがイラつきますね。笑

とりあえず怯みが多すぎる。

敵も同様であればまだ納得が行くけど、敵はスーパーアーマー付きでゴリゴリ押してくるけど、こっちはスグに怯んで連打をもらう。

この展開はイライラするので、バッティングセンターでの真島吾朗戦でノーマルからイージーに変えましたw

そしたら回復無しでサクッと倒せた。イージーとノーマルの差、デカイんだw

ノーマル楽しめなくなってきたのでずっとイージーで行こう。

龍が如く極2は、ノーマルでいく予定。笑

バトルスタイルはどれがいい?

龍が如く0の後に出た作品ってこともあり、0のシステムを継承している。

なので、

  • チンピラ
  • ラッシュ
  • 壊し屋
  • 堂島の龍

の4つのスタイルが最初から使える。

堂島の龍なのに、堂島の龍スタイルは使えない件

桐生一馬と言えば、堂島の龍の異名を持っている。

けれども、10年間の服役のせいでその爪と牙はすっかりと鈍ってしまったという設定でメチャ弱体化されている。

他のスタイルであれば、経験値を積んでスキルを習得していくことで成長できるが、堂島の龍スタイルに関しては、龍が如く極独自のイベント”どこでも真島”をこなしていくことで成長する仕組みとなっている。

=自分の好きなタイミングで成長させることが出来ないので晩成型のスタイルとなる。

状況に応じてバトルスタイルを変えると闘いやすい

上記の理由で、堂島の龍スタイルはあって無いようなもの。

というわけで、チンピラ・ラッシュ・壊し屋を臨機応変に使い分けていく感じかな。

龍が如く0での特徴は何となく覚えているので、使い分けの判断は問題ない。

(龍が如く極やるなら、龍が如く0やったほうがいいと思う。てか、0の方が面白いと思うから後でも可。笑)

  • 通常時→チンピラ
  • ボス(1対1)→ラッシュ
  • 周りに武器になるものが多め→壊し屋

これが基本かな。

ラッシュのフットワークはマジで闘いやすい、でも攻撃力が低いのでザコ戦では時間かかるね!

なので、ザコ戦や複数敵がいる場面では、チンピラスタイルがごりごり攻めるって感じがスムーズ。

武器でギッタンギッタン薙ぎ払える壊し屋は爽快で楽しいけど、移動遅いのでスタイルをサッと変えるスキルを習得してからだと使いやすくなりそう。

龍が如く極のバトル攻略

攻略ブログとかをチラッと見たけど、ラッシュが便利みたい。

スウェイで背後取って削っていくという感じ。

その闘い方ならば、ノーマル以上でもボス戦で手堅く勝利していけそうではある。

ただ、作業感パないだろなw

それならイージーモードで色々使ったほうが楽しいと思うんだ。

  • 怯みまくり
  • 敵はスーパーアーマーで攻めてくる

って時点で、じわじわ削っていく闘い方になることを考えると、イージーでサクサク行ったほうが楽しめると思ったよ。

上手い人はいいけどね、腕試しの楽しさが上乗せされるから。

自分みたいなアクションゲームの腕が下の上くらいのやつは、腕試しよりストレスが勝ってしまう!笑

バトル時の楽しさを全然感じられないんだよね。

自分にとって、「龍が如く極2を最大限楽しむための龍が如く極」なので、”バトルで苦戦しながらも何とかかんとかクリア”というオプションは要らないぜぃ!笑

この記事を読んだ人は、コチラもチェックしています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

FF15アプリ
大人気のスマホゲームアプリ!

※基本プレイ無料!
iOS、Androidどちらもバシッと対応してます!!
 

【オススメ記事】Final Fantasy 15:新たなる王国のレビューと序盤の攻略法