アドセンス・リンクユニット




北斗が如くを発売日に買った!最序盤の感想

アドセンス
SPONSORED LINK

北斗が如く、1週間くらい前にAmazonで予約注文しました。

発売日の今日、お昼前に届きました!

定価8,390円ですが、Amazonにて7,402円で購入。

初回特典として、「黒王号の宿星護符のプロダクトコード」が付いてきます。

体験版の引き継ぎは出来ない

体験版は引き継げません。

てか、体験版はセーブが出来なかった気がする。

【関連記事】北斗が如くの体験版をプレイしてみた感想

バギーで荒野を走り回って集めた素材系のアイテムくらい引き継ぎたいものですけどね。笑

真っさらの状態で新規スタートとなります!

最序盤の感想

冒頭は、北斗が如く体験版でプレイしたシンとの決着がチュートリアルになっています。

その後の展開も公式生放送で放送された部分。

奇跡の街エデンの入り口付近にたどり着いてからが、完全初見の部分でした。

エデンに入るまでの展開がグダグダしていますが、始めたばっかり補正がかかるので全く苦になりません。笑

スクリーンショットや動画は保存できない

龍が如く極くらいから、メインストーリー中のスクリーンショットや動画の保存が出来ません。

北斗が如くもそれを継承しているようで、撮れません。

おそらくゲームクリア後にプレミアムアドベンチャーがあると思われます。

そのモード内ではスクリーンショット、動画が保存できるのでしょう!(多分w)

色々と画像を載せたいところではありますが、まずはサクッとクリアまで駆け抜けようっと!

序盤のバトルモードはイージーで

龍が如くは、序盤は割とイージーにしています。

  • 序盤のバトルスキルが充実してない状態だとバトルが苦になりやすい
  • ストーリーをジャンジャン進めたい

というのが理由です。

バトルが物足りなくなってから難易度あげるくらいがちょうどいいんです。笑

血の表現はマイルド

ガチムチモヒカンの悪漢が爆ぜるシーンがゲームを引き立ててくれると感じないので、血の表現はマイルドにしています。

通常表現とマイルドとどんな違いがあるの?

切り替えて試してみた感じ、「血の量」「バトル時なら色」が違います。

通常だと、赤い血がブシュブシュと表現されます。

マイルドだと、ストーリー上は血がほとんどなく、バトル時は影で表現されてます。

沢城みゆきさんの声は早い段階で聞ける

敬愛する声優の沢城みゆきさんが声の担当をしているキサナは、割りかし早い段階で登場します!

あ~、耳が幸せや~(*´ω`*)

【関連記事】北斗が如くの声優、キャスティングがアツい!

とりあえず最序盤の感想はこんな感じです。

攻略関連の情報やプレイ感想は、随時更新していきます!

この記事を読んだ人は、コチラもチェックしています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする