スポンサードリンク

【FF15】クリアした感想※ネタバレあり

ひとまずクリアしました~!

前半はオープンワールド感を堪能し、後半(10章)くらいからは流れるようにクリアまで。

スポンサードリンク

FF15の感想

とりあえずネット上での評判が悪いということだけは分かった上でプレイしました。

でね、最初不思議だったんですよ、低評価なのが。

色々なとこ行けるし、映像美がスゴイし、バトルは楽しいし、BGMはカッコいいし。

普通にめっちゃ面白いですやん!なんで低評価なんだろうなー?

なんて思いつつ進めてたわけですよ。

10章くらいまでは。

10章から何かがオカシクなっていく

まず、9章でイグニスが目を負傷。

⇒ イグニス本人も「大規模な戦闘だった」というように深手を負っても仕方が無い。

⇒ でも戦えるからイグニスは旅には同行する。(戦力としては大幅にダウン。)

ハンデを負った友を気遣いながら旅を続けるって部分は友情や絆を深める要素になるし、

グラディオラスの注意もノクティスが王として生きていくためのアドバイスなんだな。

と納得し結構いい流れかなって思っていたんですが、

まあ長い。

目が見えなくなった友を気遣いつつ足並みそろえて歩いて行くには。

イグニスが目が見えなくなっても旅を全うしたい心意気があるのはカッコいいし、

それを優しくフォローしていくプロンプトもナイスガイ。

イグニスを気遣いつつもノクティスに喝を入れてくれるグラディオラスも頼もしい。

ってことで、「まあまあまあ~」と自分なりに帳尻を合わせながら13章へ。

13章がひどい

物語の終盤でグーッと盛り上がって欲しいところに用意されてる13章。

武器が使えず、リング魔法で途中まで切り抜けていく展開。

雰囲気は暗くてどんよりしている。

そして相変わらず敵の一撃は重く痛い。

おまけにアーデンの挑発が延々と続く。

これが約2時間くらい続くわけですよ。

クソですわ。笑

Yahoo!でね、「FF15 13章」って打ち込んでみると、


こんな具合w

餅つきってのは、リング魔法ホーリーで

餅をつくようにペッタンペッタン地味に削っていくやり方だそう。

あと倒れている魔導兵がいきなり脚を掴んできてそれをボタン連打で外す

ってのがあるんですが、それがバイオハザードっぽいからバイオってワードも入ってる。

13章の攻略に必要なものは根気

FF15はポーションゲーなんで、全滅はしにくいです。

ピンチ状態になったらポーション。これでしのぐ。

回復しまくりながらジワジワと敵を削っていく。これで13章もOK。

ただ、やらされ感満載が2時間くらい続くから根気は必要。

ベッドがある部屋ではセーブできるから、ゆっくりやるのもあり。

いきなり10年の時を経る件

14章は10年後。

ノクティスが10年分ちゃんと歳くって、それなりに王っぽくなってる。

14章自体は個人的には悪くないかなーと。

目覚めてからハンマーヘッド行くまでに相変わらず敵にフルボッコにされるのはストレスだけど。

エンディングにかけての流れもいいし、ラストバトルも作り込みは評価したい。

ノクティスが”真の王となって世界を救う”というFF15のテーマをキッチリ全うしてるし。

ただ、空白の10年の説明が足りなくね?って思うんですよね。

あれが無いからなんかどこか集中しきれなかった。

まとめ

振り返ってみると、この記事(FF15をゲオで買ってきた。

でも書いたように低評価前提でプレイしたのは正解だったっぽいです。

映像やBGMはとても良かったし、アラネアさんがイイ!(沢城みゆきさんの声もあってる)

クリア後の要素もたくさんあるから、まだまだ遊べる感はあるし、まだプレイします。

13章がマシだったら評価も違ったとか言ってもしょうがないので、

あとは楽しい部分だけを堪能しようと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする