ドラクエビルダーズの感想

スポンサードリンク

2016年一番ハマったゲーム。

それがドラクエビルダーズです。今んトコ。

マインクラフトは未プレイ

マインクラフトのドラクエ版っていう触れ込みで話題になっていましたが、

マイクラをやったことはなく、YouTubeとかで見たことはあったけれども食指は動かなかったんですよね。

でも、ドラクエビルダーズの体験版が配信されて、それをYouTube実況で見て、

「うわー、めっちゃ面白そうでわないか!!」と感動。

それが発売日の1週間くらい前。

それからというもの、指折り発売日を待ちながら、まとめサイト見たりワクワク感を募らせる日々w

発売日前日に購入(PS3版)

発売日前日にひょっとしたらあるかもなーと地元のゲオに行ったら、

マジで売ってたので即購入してダッシュで帰宅して朝までプレイw

とにかくおもしれー、やめ時は自分で作らないと無いなーと感じながら睡魔も襲ってこないほど夢中になってしまったものです。

半年後に再び購入(PS4版)

PS3で購入⇒プレイ⇒クリア⇒売却。からの~半年後にPS4版購入!

ドラクエビルダーズをまた買っちゃった

過去に2度購入したゲームはあっただろうか?

ドラクエビルダーズの最大の魅力とは

ドラクエの世界観、そしてなにより神がかった音楽!

そこにクラフト要素が相まって最高の楽しさが生まれます。

もちろん合う合わないは個人差があるでしょうが、ハマる人にはバシッとハマります。

章ごとにリセットされる仕様は好き

賛否両論あった章をクリアするごとに振り出しに戻る状態からのスタート。

これはどちらかと言うと否定的な意見が目立っていました。

が、個人的にはコレはアリ!

ゲーム的な理由付けはどうであれ、リセットされることですべてが平等になる!

メルキド、リムルダール、マイラガライア、ラダトーム

4章すべてをほぼおなじ条件で出来るようにするための上手いシステムだと思います。

難易度的には章を追うごとに高くなっているのは違いないんですが、

その分、プレイヤー自身の経験値が上がっていますから「ほぼ同じ条件」になります。

鉄を手に入れた時のワクワク感ったらない!

どの章でも鉄を手に入れた時の一気に進んだ感はハンパないです。

おおきづちを作った時にも感じる感覚ですが、

これを毎回味わえるのもリセットの良さだと思っています。

ドラクエビルダーズは神ゲー

色んなまとめサイトや個人ブログ等で評価は語られています。

全体的な評価は高く、神ゲーと評する人も少なくありません!

そして私の評価も神ゲー!

私の評価は特にキビシイこともなく、割とハードルは甘いんですが

大人になった今でも時間を忘れ、やめ時を見失うほどハマれるゲームはそうそう無いです。

ってことでそこを満たすドラクエビルダーズは神ゲーであります。

もし、アナタが今ドラクエビルダーズが気になっていて

色んな感想を探してこの記事に行き着いて読んでおられるならば、

「you、今すぐ買っちゃいなよ!」

とジャニー氏ぽい言葉を贈りますw

あわせてコチラもどうぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする