【ポケgo】不忍池にトレーナーが集まり大混雑、お台場の二の舞の予感

スポンサードリンク

ハロウィンイベントの目玉、アメ2倍キャンペーン。

戦力として有力なカイリュー強化、量産のためのアメ集め目的で

ミニリュウがよく出る不忍池にトレーナーが押し寄せて大変なことになっているそうだ。

pokegomin

私は地方民だから関係がないけど、押し寄せる人たちの気持ちは分かる。

多くの人が集まりすぎていつもと違いすぎる状態になれば色々なトラブルもそりゃあ起きる。

不忍池、お台場でのトラブルの原因とは

不忍池では弁天堂というお堂があって、そこはポケモンGO禁止エリアとなっているようです。

が、一部の自己中トレーナーがそれを無視し、結果的にポケストップが削除。

当然の流れですよね。

禁止したのにそれを守らない人間が悪いのは一理あるけれども、

そもそもそうさせてしまっているのは何か?が大事だと思う。

ポケモンGOをプレイしている人の数は膨大で中には民度の低い人もいるでしょう。

手に入れにくいポケモンが出る場所があったらそこに人々が集まる

⇒その場所に関係する人たちが迷惑する

⇒禁止エリアができるなどの規制が入る

⇒規制を守らない人が出て来る

⇒ポケストップ削除などの最終手段

どんどん窮屈になっていきます。

「赤信号皆で渡れば怖くない」って皮肉があるように、

日本人って集団になると途端に残酷で無法になったりします。

記憶に新しいお台場ラプラス騒動

そのいい例がお台場ラプラス事件。

赤信号だろうか自動車専用道だろうが人波が出来てしまえば乗っかる人は多数です。

最初に動くようなアクティブな人間は2~3人でも流れが出来てしまえば一気に大波に。

結果、報道されるような大ごとになってアンチポケgoの思う壺。

ラプラス事件のときにはサーチアプリのせいにできたけど、不忍池に関しては別の話です。

じゃあどうするのがいいのか?

単純にもう少し色んな所で出るようにすればいいって話ですよね。

まあバランスは難しいんでしょうけど、いわゆる聖地的な場所をもう少し増やすとか。

一箇所に集中しちゃうからキャパ越えてしまう。

てか、ミニリュウに関しては巣を作るべきではないですよね。

万遍なく出るようにすればいいのに。

と、言うのは簡単ですけど、

世界中にポケモンGOを配信している運営にとっては

日本の一部地域にかまってなんていられないのかもしれません。

だから一人ひとりが気をつけるしかないんですよね。

ポケモンGOをプレイしている人の年齢層って30歳以上が多いそうです。

40代~50代と見える方もたくさんいますよね。

pokegoplayer

本人にとっては必死なのかもしれないけど、旗から見たら

「30歳超えたいい大人がゲームで他人に迷惑をかけている」

以外の何者でもないので気をつけたいですね。

あわせてコチラもどうぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする