アドセンス・リンクユニット




ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドをプレイしてみた感想

アドセンス
SPONSORED LINK

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド、じわじわと進めております。

まだ物語の中盤くらいではありますが、プレイしてみた感想を書きます!

思っていたより難しくてやりごたえ十分

これは「簡単そう」と勝手に思っていただけの話です。笑

ゼルダの伝説って、大人から子供まで広い層に人気のある作品ですよね。なので子供向け=難易度はほどほどだろうなーと若干ナメていたフシがあったので、そのギャップ込み込みで難しく感じました。

簡単だろうと高をくくっているから装備もロクに整えずにズンズン進んでザコ敵にワンパンされてしまうし、カースガノン戦は何度もチャレンジする羽目になります。笑

初ゼルダの伝説ってことで新鮮さボーナスも含まれますが、相当楽しくて個人的に高評価です!

謎解きがとても楽しい

祠の謎解きがとても楽しいです(*゚∀゚)

Amazonレビューに謎解きが簡単すぎて物足りないってレビューがあったのですが、プレイしてみて思うのは、そのレビューを書いた人が謎解きがとても得意なんだろうなってことです。

確かに簡単な祠は味気ないほどアッサリとクリアできますが、歯ごたえのある祠も結構あります。この記事を書いている時点で30箇所くらいしか訪れていませんが、うんうんと唸りながらクリアした祠も少なくありません。

それなりに時間がかかってしまいますが、攻略サイトは見ずに自力で粘っているとピコンと閃く瞬間があったりして、それがとても爽快なんですよね!

そこで流れる名サウンド(Hikakinさん的に言うと「タリルラポリポリ」w)も達成感を与えてくれます。

戦闘にやりがいを感じる

自由度の高いオープンワールドゲームとしてスカイリムと比較されます。

毛色がかなり違う部分はありますが、よく引き合いに出されたりしていますね。

個人的にはスカイリムの方が好きですが、戦闘に関してはゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの圧勝です。スカイリムは戦闘がとても地味です。

そういった意味では、アクション要素が強まって人によっては難易度が急上昇してしまったりもしそうです。

敵のパターンを把握するまでは何度も倒されてリトライの連続となり、心に余裕がないときはイライラとしてしまったりします。

逆に何度も負けながらも上達して勝てるようになるという流れが人生を現しているようで勉強になったりもしますね。笑

スカイリムとの差別化ポイントはココだ!

  • 謎解き
  • アクション性の高い戦闘

この2つはスカイリムでは味わえないゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの強みだと感じます!

どちらの良さもあるので、どちらもプレイして損は無いなとマジで思います!(・∀・)b

この記事を読んだ人は、コチラもチェックしています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする