アドセンス・リンクユニット




【MHW】汎用性抜群の片手剣装備/火力と安定感

アドセンス
SPONSORED LINK

モンハンワールドにおいての装備の完成形って、”カスタム強化”ありきです。

キーとなる素材は、

  • 猛者の龍脈石
  • 英雄の龍脈石

ですよね。(マジ出ない(´;ω;`))

これらの入手状況によって、装備の組み方も変わってきますが、個人的に『回復力付与』はメチャクチャ有用性があって快適だと感じています。

【関連記事】攻守備えた大剣スキル/カスタム強化をフル活用

この記事で紹介する片手剣装備は、「猛者の龍脈石・刃」があれば作れます。

麻痺片手剣、斬れ味ゲージ白運用

  • 武器:マラドタバールⅢ(麻痺片手剣、回復力付与のカスタム強化)
  • 頭:バゼルヘルムβ
  • 胴:クシャナディールβ
  • 腕:バゼルアームα
  • 腰:バゼルコイルβ
  • 脚:デスギアフェルゼβ

何だかんだ言っても、麻痺属性片手剣は便利です。

匠運用することで白ゲージまで伸びるのも優秀ですね!(すぐ減るけど)

スキルは、

  • 爆鱗竜の守護
  • 耳栓5(装備)
  • 攻撃4(護石+装飾品)
  • 匠4(装備)
  • 体力増強3(装飾品)
  • 抜刀術【技】2(装備の関係で発動)
  • 麻痺属性強化1(装飾品)
  • 弱点特効1(装飾品)

回復力付与は、与えたダメージの10%くらいらしいので手数武器である片手剣の場合、回復量UPをつけるより火力を盛った方が良いかな?と判断しました。

(回復量で言えば、回復量UPを付けたほうがもちろん高いと思われます。)

弱点特効は、スロットが余っているので付けています。攻撃珠や麻痺珠が入手できたら付け替え予定。

回復力付与が優秀すぎる件

片手剣の場合、一撃あたりの攻撃力は低いですが手数が多く出せるので結構回復します。

さらに麻痺属性が効いて拘束することで、ビシバシ攻撃できるのでマジで回復薬ナシで行けることも多いです。

さらに、バゼルギウス装備のシリーズスキルによる根性があることで、乙る確率をかなり下げつつも攻めまくれる装備となっています。

改善の余地はありそうですし、カスタム強化の残り枠がまだ2つも残っているので伸びしろも十分です!

この記事を読んだ人は、コチラもチェックしています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする