アドセンス・リンクユニット




【MHW】大剣と相性がいいスキルは抜刀会心・集中よりも回避性能!

アドセンス
SPONSORED LINK

今作の大剣では、

  • 抜刀術【技】(抜刀会心)
  • 集中

を付けなくてもかなり快適な狩りが出来てます。

その秘訣は「回避性能」です!

もちろん、抜刀会心でヒットアンドアウェイ作戦も有効でしょうし、集中つけて溜め斬りバッシバシ当てていくのも強いと思います。

回避性能が大剣と相性がいい理由

大剣は抜刀時の移動速度がメチャクチャもっさりしているので、移動する時は納刀するのが基本です。

納刀→移動で間に合わないシーンも多いので、コロリンを多用します。

その時に回避性能が、かなり活きます。

これだけだとただ単に被弾しないための生存スキル止まりです。

もちろんそれはそれで優秀なんですが、モンハンワールドの大剣にはタックルがあります。

このタックルがマジで便利でしてね!

タックル中は、ひるまないんですよ。

なので、回避してタックルで繋いでから○で出せる薙ぎ払いが出が早いし、範囲ひろくて使いやすいんです。

隙があれば△で溜め斬りしてもいいし、△→○でコンボ決めてもいいです。

回避→タックルはスタミナ消費が多いのと、部位の狙い撃ちが難しいのが難点です。

けれども、モンスターの攻撃を回避しつつそのまま攻撃に転じることが出来るのはかなり便利で楽しいのでかなりオススメです。

【MHW】クリアまでのオススメ装備【幸運・回避性能】

抜刀術【技】を付けない理由

タックルがあることで、ヒットアンドアウェイじゃない立ち回りが可能になったので付けていません。

『抜刀会心』と『超会心』付けて、ヒットアンドアウェイに徹するというのも良さげな立ち回りだと思うので、試してみたい気持ちもあります!

あと、抜刀術【技】で”武器出し攻撃の会心率が100%”になるには、Lv3必要ってなってるので格段に付けにくくなっているってのも理由です。

集中を付けない理由

とりあえず当てにくいってのが理由です。笑

大剣のタイムアタック動画なんかを見ると、振り向くタイミングに合わせて溜め斬りをしていますが、要は「モンスターに慣れてナンボ」なんですよね。

集中で溜め斬りを弱点部位にバッコンバッコン当てまくることこそが大剣の醍醐味であることには異論はありませんが、やっぱり”当ててこそ”ですもんね。

特に今作は、真・溜め斬りというロマン溢れる攻撃もあります。

モンスター拘束中じゃなくて通常の立ち回りでぶち込んで決めていけたらどんなに楽しかろうか。

マルチプレイで、乗りや麻痺でモンスターを拘束してくれる展開であれば、集中は鬼活きてきますよね。むしろ、「集中ナシとかw はい地雷認定」なんて思われかねません。笑

ただね、抜刀術【技】同様、スキルを過去作と同レベルで組むのが楽ではない。

そして、護石のレベル上げ難易度と装飾品の集まらなさも相まっています!

ソロプレイが多くて、モンスターを拘束する機会が少ない場合、回避性能でサラッと避けてからのタックルで攻撃をつなげていく流れはマジで便利です。

まとめ

  • 抜刀会心+超会心で、ヒットアンドアウェイ作戦もあり。
  • 集中つけて、真・溜め斬りをガンガンぶち込んでいく。(この場合も溜めキャンセルでタックルを活用することになる。)
  • 回避性能+タックルで、生存スキルを火力にしていく。

β版の時点では、大剣の時代は終わったなんて話も出てましたが、十二分に強いです!

チャアクで進めようと思った時期もありましたが、結局大剣をずっと使ってクリア、そしてクリア後まで来ています!笑

この記事を読んだ人は、コチラもチェックしています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする