アドセンス・リンクユニット




【MHW】ラスボスの攻略法と2回目以降戦う方法【ゼノジーヴァ】

アドセンス
SPONSORED LINK

モンハンワールドのラスボスは、突如現れた謎の危険な存在。

いつも通り”追いかけて追いかけて辿り着いたわけではないポッと出のモンスター”って感じです。笑

ラスボスの名前

ラスボスは、初見(任務クエスト)の時点では、ずっと「???」です。

倒して剥ぎ取る時でも「???」です。

エンディングで調査団がゼノ・ジーヴァを名付けます。

他者の生体エネルギーを使って孵化するっていう存在です。

そう言えばモンハンって、自ら名を名乗るモンスターいないよね。

モンスターは狩りの対象であって、意思の疎通は出来ないって世界観ですもんね。

ラスボス「ゼノジーヴァ」の倒し方

見かけのフォルムはヴァルハザクに似ていますが、サイズがだいぶ大きいです。

サイズがあるので攻撃が当たりやすい気がするんですが、割と細かく動くので意外と空振ることが多くヤキモキします。

個人的にやりにくかったのは、ゼノジーヴァがビーム光線を吐くと、触れた地面がマグマ状態になり、その上に行くと「地形ダメージ+やけど状態」になる点です。

しかも、範囲が結構広いのが厄介です。

やけど状態+ダメージ+気絶のコンボで力尽きてしまうこともあります。

ゼノジーヴァ向けの武器種

地形ダメージに加えて、飛び上がって空中浮遊する時間もあるので近接武器だと近づきにくい時間が割と長めです。

そういうこともあり、ガンナーだと相性が良いと言われてますね!

ガンナー使える人にとっては、ただの的かもw

(自分はガンナーが使えない&食指が動かないので、近接武器派です。笑)

近接武器であっても弱点にしっかりと当てて行けばいいので問題ナッスィングです!

ゼノジーヴァの弱点

攻撃もらって龍属性やられになることがあるので、龍属性武器が通りやすいです。

龍封力が効くエフェクトも出るので間違いないと思います。

弱点部位は頭だそうですが、なかなか当てるのが難しいです。

青白く光っている部位が肉質やわらかいので、前足と尻尾を狙っていく感じかと。

ゼノジーヴァの角の破壊方法

ゼノジーヴァの角(冥灯龍の幽角)は、色んな装備の素材に必要になり、入手方法は「角の破壊」です。

体のサイズがデカイので頭の位置も高く、攻撃が当てにくいので角の破壊は難しいんですよね。

脚をチクチク攻撃してダウンを取った時に頭を攻めたりしても、破壊までに時間がかかる印象があります。

大剣で、ゼノジーヴァの頭がちょっと下がったタイミングで攻撃を当てていけば割りかし早く破壊できるので、長さのある武器の方がやりやすいかもしれません。

ちなみに角は片方しか折れないですが、それでも冥灯龍の幽角は出るので問題なしです。

ひょっとしたら2段階になってて、ダブルで折ったら2つ出るのかな?

破壊王スキルを付けたほうが安心

スキル「破壊王」を付けていなくても角の破壊は出来ますが、あったほうが良いのは言うまでもないです。

攻撃を当てにくい部位ですし、クエスト自体にそこそこ時間がかかるので、確実に部位破壊をして冥灯龍の幽角を入手したいところです。

スポンサードリンク

ラスボス後の展開

ラスボスを倒すとエンディングです。

その後は、さらなる調査を続けるということで狩りは続きます。

ゼノジーヴァ戦が、HR上限解放クエストになっているので、HR15から上がります。

私はHR29になりましたが、これは個人差があります。

HR上限解放前のクエストをこなした量で差が出ます。

そしてクリア後にやることは、「歴戦個体の痕跡を集めて戦っていく」ですね。

マカ錬金の古代竜人の錬金で装飾品を錬金できるので、歴戦個体クエストで手に入る装飾品や龍脈石を集めて納得いくまでやり込めるエンドコンテンツとなってます。

ストーリー的には一応キリ良く終わってるので、歴戦個体やり込まなくても達成感はそれなりにありますね。

  • ゼノジーヴァが生まれた理由。
  • ゾラマグダラオスが古龍渡りをしていた理由。

これらは、龍結晶の地に集結する生体エネルギーによるものですよね。

”その地で育まれた龍脈石を手にした通常のモンスターがパワーアップして歴戦個体となる”というのも、ストーリーの流れ的には自然ですね!

ゼノジーヴァ2回目以降戦う方法

ゾラ・マグダラオスと同じようにランダムで出現するようになっています。

ただ、フリークエストのゼノジーヴァは任務クエストよりもだいぶ強くなってると感じました。

冥き河にて灯火掲げん

装備の最終強化などに素材が必要なケースが多いので、何だかんだで周回することになりますが、正直めんどくさいと感じます!(;´Д`)

この記事を読んだ人は、コチラもチェックしています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする