スポンサードリンク

【我が天下 攻略】降伏するとどうなる?うまく使いたい

我が天下では、一局が190年から始まって最長で280年まであります。

”リアルタイムの1時間が、我が天下の中での1年”になります。

なので最長で90時間なので、4日くらいになります。笑

まあそれなりに時間がかかりますが、これまでプレイしていてそんなにかかった事はありません。

なぜかと言うと、220年以降は降伏が出来るからです。

降伏するとどうなる?ペナルティとかある?

降伏は「負けを認め、手持ちの陣地を全て手放し、次の局へ」進む選択です。

自ら負けを認めるってことなので、何かペナルティがありそうなきもしますが、それまで所有していた武将、獲得した経験値などは持ち越せます!

つまり、ペナルティは無し!

勝ち目がないなーって場合には滅ぼされるのを待つより、さっさと降伏して次に行くのも手です。

降伏が出来ないケースもある

  • 220年以前
  • 現在の保有城数が1位

このどちらかを満たしていると降伏が出来ません。

220年以前だったら、220年になるまで待てばいいのでシンプルです。

保有城数で1位で降伏したい場合ってのが、昇進せずに今の地位でもう少し準備を整えたいときになります。

なので昇進するかしないかの瀬戸際の時には攻めすぎないというチョイスもあるんですよね。

負けたくても負けられない展開

でもイレギュラーな展開でやむを得ずって場合もあるかと思います。

例えば、最初ものすごい勢いで攻めまくってる人がいたとして、その人の保有城数を超えないように攻めていたのに別の勢力が潰しにかかって、図らずも1位に躍り出てしまう、とか。

とは言え、実際は降伏できなくて困るケースも多くはないので気にしなくてもいい部分ではありますけどね。