スポンサードリンク

世界の半分っていう勇者系ゲームアプリをそこそこ攻略してみた

勇者モノで放置系でタワー系。

それが「世界の半分あげるって言っちゃった」です。

リリース日は、2016年11月9日だそう。

Android、iOSどちらも対応。

世界の半分をあげる代わりに勇者に見逃してもらうってのが物語の始まり。

でも実際、勇者は世界の半分をもらえていなくて、「は?ふざけんなよ!」と魔王の元に乗り込むという流れとなっています。

世界の半分 序盤の流れ

チュートリアルに従いつつ、進める所まで進みます。

塔を登っていくごとにモンスターが落とす金額が上がっていきます。

  • 新たな仲間を雇い
  • レベルを上げ
  • 呪文を(お金払って)覚え

などをしながら塔をズンズン登っていきます。

魔王からの手紙と称して、動画広告が送られてきます。

これを見ると、ゴールドがもらえます。

進めば進むほど金額はハネ上がるw

今現在雇っている最強の仲間の次の仲間を雇う金額がベースになっているぽいですね。

なので広告を見る前に雇える仲間がいるなら雇っておいたほうがお得。

都合のいい所でソウルリバース(強くてニューゲーム)

放置ゲーといえば、強くてニューゲームですよね。

世界の半分では、ソウルリバースすると

  • 取得したアイテム以外リセット
  • 勇者達のパラメータが10%上がる

という特典があります。

ソウルリバースを繰り返し、強さを底上げしていくという流れです。

ちなみにソウルリバースを15回以上行うと、隠しキャラが登場します。

世界の半分の仲間一覧・隠しキャラ

スポンサードリンク

世界の半分で一番強いキャラって?

何だかんだで勇者が一番強く育ちます。

呪文で仲間のステータスのバフを受けることが出来るので、仲間の成長=勇者の成長になるんです。

次に強いのが戦士。

レベルの上限が無い以上、少ないゴールドで上げられる戦士はかなり強くなります。

世界の半分の仲間一覧・隠しキャラのページに、ステータス付きの画像があるので興味があれば見てみてください。

がめぶろの攻略状況

塔は全部で5つありますが、敵があまりに強すぎて最後までいけません。笑

今は、4つ目の塔の121階で詰まっています。

召喚獣駆使して、連打ゲーを敢行すれば130階くらいには行けそうですが、キツイ。

正直、アプデで新しい仲間が追加されないとつらい状況ですね。笑

おまけ 数の単位

数の単位って、億や兆までは馴染みがありますが、それ以上は未知の世界ってことでメモ代わりに載せときます。笑

  • 京(けい)
  • 垓(がい)
  • 秭(じょ)
  • 穣(じょう)
  • 溝(こう)
  • 澗(かん)
  • 正(せい)
  • 載(さい)
  • 極(ごく)
  • 恒河沙(ごうがしゃ)
  • 阿僧祇(あそうぎ)
  • 那由多(なゆた)
  • 不可思議(ふかしぎ)
  • 無量大数(むりょうたいすう)

ちなみに、ゴールドの単位では溝(こう)、戦闘力では、澗(かん)まで来ています。

いつか無量大数まで行く日が来るのか??!笑