スポンサードリンク

【ポケGO】ピゴサーチなき今、使えるサーチアプリはないのか?

ピゴサーチがハレー彗星の影響で出現ポケモンの表示ができなくなって1日。

ピゴサー信者からは嘆きの声があふれ、アンチピゴサーは歓喜し、

ポケGO界でちょっとしたお祭り騒ぎが起きました。

ピゴサーチ復活はない?

pgosearchさすがのピゴサー管理人も復旧の予定なしとしているので、

今後も使えないと思ったほうがいい気がしますし、私は使えないと思っています。

万が一、ポケGO運営が対策を取り消した場合、使えるようになるでしょうが、それはまずありえないと思います。

ポケみっけはどう?

pokemikkeポケみっけ(iOS限定)は、20mくらいの範囲をサーチするアプリ。

ピゴサーのように通知こそないけれど、どこにどのポケモンがいるか?

が分かるので、いざという時に便利。

でも、何度タップしてもポケモンを探知しないんですよね、これ。

従来のサーチしてるエフェクトは出るんだけど、ポケモンは表示されない。

=サーチ自体は出来ていない。

ってことだと思うので、個人的に使えない判定をしています。

Go Radarは使える?

goradarGo RadarはiOS限定ですが、

このアプリは

「利用者が発見した情報を元にポケモンを表示している」

ので機能はしています。

ただ、利用者の情報を反映するタイプのため

人が集まりやすい人気スポットだとか都心部などでないと役に立たないことが多く、

田舎民には使い勝手はよくないです。

サーチアプリ系は全滅。が現状

ナイアンティックとしては、どうしても許せなかったんでしょうね、サーチアプリ。

「サーチアプリを撲滅するんだったら、ポケGO自体のサーチ機能もっとマシにしろ」

って意見が多く出ていますが、そのへんはどうなんでしょう。

今回の件で離れるトレーナーが多いのは間違い気がします。

ピゴサーチの今後の使い方

ポケモンの出現情報をマップ上で見ることは出来なくなりましたが、

ピゴサーチは一つ大きなものを残してくれました。

それは、ポケソース情報。

これがあれば、ポケモン探しはだいぶ楽になります。

今までの離れた場所でもどこにポケモンがいるか分かるという状況が異常だっただけ、

通知機能をアテに急行すればレアポケがゲットできた状況が魔法のようだっただけ。

今後は、

  • 口コミ(Twitterなど)
  • 徒歩、自転車
  • ポケソース

この3つを駆使してレアポケをゲットしてく形になりそう。

Twitterなどで欲しいレアポケの出現情報が多いところを知る。

→そこに狙いをつけて粘る。

→探す際はポケソースを活用する。

実際にポケソース使って探してみたんですが、かなり便利。

どのポケモンかはわからないけれど、時間と場所が一目瞭然なので覚えてしまえば強い。

巣でポケソース活用して探すと、偏りが見えてくるので無駄が相当減ります。

例えば、出現時間が30分以降だとか、公園の西側ばかりだとか

そういった偏りが見えてくると「多分、あそこのポケソースにコラッタだな」

という予想が精度を増してくる感じ。

嘆いていても始まらないし、ポケモンGO自体が変わったわけでもないので

遊ぶ側のスタンス次第だなーと改めて思う次第です。

てか、ナイアンさん、伝説ポケモンいつ?!笑

この記事を読んだ人は、コチラもチェックしています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

FF15アプリ
大人気のスマホゲームアプリ!

※基本プレイ無料!
iOS、Androidどちらもバシッと対応してます!!
 

【オススメ記事】Final Fantasy 15:新たなる王国のレビューと序盤の攻略法