スポンサードリンク

【ポケモンGO】P-GO Search(ピゴサーチ)が終了寸前の噂

ポケモンGOのサーチアプリの中で一番使われている(多分)ピゴサーチ。

10月6日、巣の変更に伴ってコイルアップデートっていうものの影響で壊滅状況になっています。

Twitter上では嘆きの声やピゴサー無しじゃやる気起きないなどの意見が飛び交っています。

コイルアップデートってなんじゃい?

BOTっていう自動プログラムがポケモンGOにログイン出来なくする仕組みだそう。

ピゴサーは、このBOTをたくさん使ってポケモンの出現情報を集めていたらしいんです。

ピゴサー内で「ふしぎなチカラ」と表現されていたものはBOTのことです。

んで、そのBOTがログインのを良しとしない運営が、とある対策をしました。

それはログイン時の認証作業です。

人間でないと答えられないような質問をログイン時に用意することで、

機械であるBOTはそこから先に進めなくなります。

この認証のときに画面にコイルがデカデカといることから

「コイルアップデート」って呼ばれているようです。

コイル

BOTなぞ使わず普通にプレイしている我々に関しては、

その画面を自分のスマホで見ることはありません。

今回のは、BOT使って位置偽装しているアカウントを処理するためのもの

ピゴサーが使えなくなったらどうなる?

ピゴサーチの製作者は、

「対策を検討するけれども厳しい状況だから期待しないでね」

というコメントを出しています。

これはピゴサーチがこれまでのように使えなくなるということを意味しています。

ピゴサーチはかなり便利なので、私もお世話になり、図鑑コンプ一歩手前まで来ました。

図鑑1007

今後、ピゴサーチに続くサーチアプリが登場してくるのか?

それともナイアンティックがポケGO内に使えるサーチ機能を搭載するのか?

未来はどうなるのかは分かりません。

サーチ機能が停止(10月8日現在)

サーチ機能が全く使えなくなっています。

pgosearchisend

ポケソースの確認と出現履歴だけは見れるようです。

対策をしているのか、対策は無理と判断してしまったのか、

今のところは分からないですが、ピゴサーを使ってのポケモン探しは出来ない状態。