スポンサードリンク

【ポケモンGO】ガチャがないからポケモンGOの課金は割と健全

前回の課金についての記事(ポケモンGO 使える課金アイテム)の補足というか

課金について言いたいことがまた出てきたので書きまっす。

ソシャゲの課金要素は主にガチャ

パズドラ、モンスト、DMMのゲームにしても主な課金要素と言ったらガチャですね。

ガチャで強キャラを引くことによる恩恵が異常にデカイ。

無課金でも行けないことはないけど、時間がかかり過ぎるってんで、

みんな結構ガチャっています。

モンスト月1~2万とか普通みたいな話も聞いた。

自分はパズドラもモンストも手は出したんですが、そこまではまらなかったんです。

なぜかというと、ガチャ課金ゲーが好きじゃないんですよ。

ガチャって強キャラ掴んでナンボ。

この流れが出来上がってるのがなんだかなーという感じ。

ガチャはギャンブルに似てる

ガチャが好きじゃない理由は、ギャンブルに似てるから。

射幸心を煽るからよろしくないんですよねー。

アツくなってしまう。ならない人はいいですよ。

冷静に1万円だけやろう⇒出ない⇒まあいいか。

ってなれない人は、

くっそー、悔しいなー。もうちょっとだけ!

⇒追加投資で出てしまった日にはもう虜。

パチンコとかその辺のギャンブルとそっくりなので健全じゃない感じがするんです。

どんな課金ならいいのか?

個人的に課金したくなるのは純粋にゲームをもっと楽しみたいと思うときです。

(ガチャもゲームを楽しむための要素ですが、純粋さは薄いと思っていますw)

例えば時間で回復する体力なんかを満タンに回復するためのアイテムに課金。

コレばっかりです、いつも。

ポケモンGOで言ったら、

アイテムボックスとかポケモンボックスの拡張とか

しあわせタマゴ(経験値倍増)みたいな便利アイテム。

ポケモンGOにガチャがあったらどうなるだろう?

社会現象からの社会問題とかになるかもね?w

プレイ人口の母数が多いから廃課金勢の割合も増えていろいろと問題が。。。

でもって「ソシャゲ課金」とかってワードが流行語かっさらう的なw

ポケGOにはいわゆるガチャはないけど、ふかそうちがガチャ的とも言われてます。

一番カネかかる部分でしょうからね、最大効率狙ってる層には。

ぶっちゃけ2kmタマゴに使いたくないですよね~

ふかそうち使って生まれたのがコラッタとかw

10kmタマゴの出現率も低いからもうちょっと出やすければふかそうちもっと売れそうw

課金上限額は決めとこう

ポケモンGOには射幸心を煽るガチャみたいな課金要素はないけど、

課金するときにはほどほどにしましょう!

課金上限額は、初代ポケモンが3,900円(税抜き)で

当時の消費税率が3%なので、合計4,017円。

なのでキリよく、上限額は4,000円とか決めとくのもいいと思います!

それか2016年11月18日に発売のポケモン最新作

「ポケットモンスター サン・ムーン」の価格、4,980円(税別)=5,378円

だから5400円まで!

とかね!

この記事を読んだ人は、コチラもチェックしています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

FF15アプリ
大人気のスマホゲームアプリ!

※基本プレイ無料!
iOS、Androidどちらもバシッと対応してます!!
 

【オススメ記事】Final Fantasy 15:新たなる王国のレビューと序盤の攻略法