アドセンス・リンクユニット




【DQ5アプリ版】ボス戦で苦戦!特に序盤のボスが強い

アドセンス
SPONSORED LINK

ドラクエ5をプレイして感じたのが、”パーティーに流動性があって新鮮”です。

結婚する相手でも変わるし、仲間にするモンスターによっても戦い方が変わる点に面白さがあります。逆に攻略の仕方や難易度も変わってしまう点もあります。

おやぶんゴースト

最序盤のボスで、「幼年主人公&幼年ビアンカ」のパーティーで戦います。

主人公がホイミ、ビアンカがメラを使いたいので、ボスまでの道のりでMPを使わないようにしないとカツカツになります。

薬草をビアンカにいくつか持たせておいたらだいぶ楽に戦えましたね。

正直、レヌール城までの道中で出てくるモンスターに何度もやられました。笑
(プリズニャンのヒャドでw)

序盤から地味~にレベル上げの必要性が出るのはテンポが悪くてイヤだなwと感じました。序盤は正直楽しくありません。笑

ニセたいこう

青年主人公&ヘンリーのパーティーで戦う「ニセたいこう」

こいつは攻撃力が高いので苦戦しました。モンスターを仲間にできる主人公の特性を活かし、4人編成で臨めばだいぶ楽に倒せると思います。

ラインハット城の周辺には、仲間モンスターとして大絶賛されてるスライムナイトがわらわら出るそうです。

スライムナイトを仲間に入れてから挑めば苦戦しないような気がします!

ようがん原人

ヘンリーと別れ、主人公の一人旅の道中で出てくるボス。

この頃だと色んなモンスターが仲間になるので、案外苦戦すること無く戦える感じです。

「ようがんげんじん」は3体で登場するので、ブーメランなどでまとめてダメージ与えたいところですが、まずは集中攻撃で数を減らすだけでだいぶ楽に戦えました。

炎のブレスがダメージ痛いですからね!1体ずつ確実に減らしていく戦法が光ります!

カンダタ

攻撃力が高くて一撃乙されやすいカンダタ。ここで苦戦する人はかなり多いと思います。笑

仲間モンスターによって戦略がだいぶ変わりますが、回復役が多ければ多いほど安定しますね!

私のパーティーは主人公のみが回復役で、メッサーラとキラーパンサーがアタッカー、踊る宝石はルカナン要員です。(踊る宝石は賢さが低いので言うこと聞かないですが。笑)

ジャミ

因縁の敵のジャミ。カンダタと同じような戦法で攻めたら難なく倒せました。

ブオーン

「さいごのカギ」を入手するために倒さないといけないモンスター。

  • 主人公:アタッカー兼回復
  • 息子:アタッカー兼回復(フバーハ要員)
  • 娘:サポート役(バイキルト、ルカナン要員)
  • キメラ:回復役

という構成で、『バイキルト&ルカナン』でゴリ押しゲーしてたら普通に倒せました。

ゲマ

憎き親の仇であるゲマ。

いてつく波動とか使ってきてウザいですが、息子のフバーハと娘のバイキルトを存分に活用することで雪辱を果たせます!

2回目のゲマ戦では賢者の石があるので戦いやすいです。

勧善懲悪で気分スッキリ。

ゲマ「げぐぁ~っ!!」

ミルドラース(変身後)

変身前のミルドラースは、HPも高くなくサクッと倒せますが、変身後がウザいです。

特に「めいそう」!!回復するなよ、うざい!って思いますよね。笑(PS2版では使わないらしい。)

ギリギリの削り合いでしたが、レベル34くらいでも普通に倒せました。(推奨は37くらい)

ちなみに瞑想は、変身後のパターン2(3まである)でHP666以下になると使うそうで、回復量は500ほど。

変身後のパターンは、行動で判別できるようです。(見た目は変わらない。)

パターン1:最初

パターン2:瞑想つかいやがる

パターン3:痛恨の一撃つかいやがる

それぞれHPが2,000~2,500くらいあり、ギリギリのレベルだと長期戦&消耗戦となります。

負けてしまうと時間がまるっとムダになってしまい虚しい気持ちになるので、推奨レベル(37くらい)まで上げてから挑むのがよさそうです!

あとは、息子と娘のMPがスッカラカンになったので、「エルフの飲み薬」をそれぞれ持たせておくと安心安全な戦いが出来そうです。

この記事を読んだ人は、コチラもチェックしています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする